レビューはたぶんしない。

アクセスカウンタ

zoom RSS 中華ハイブリッドイヤホン QingYin-20レビュー

<<   作成日時 : 2016/05/24 22:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先日到着しましたQingYin-20のレビューをさせて頂きます。
画像

画像


販売サイトはこちら
到着報告の記事はこちら
上記の割引企画ないしは値引き交渉をする事で49ドルにてご購入頂けます。
ドライバーは1DD+1BAのハイブリッド構成で躯体はアルミニウム合金製。
意外と軽めです。
箱出し時点での音は微妙なのでエージングが必須のイヤホンです。
装着の仕方によって音が変わりやすく僕のオススメとしてはギュッと耳に押し込んだ後、口を大きく開けて内耳の圧を抜いてあげると丁度良くなります。
遮音性はあまり良い方では無いでしょう。
付属品にバラつきが有る様で特に画像にあるイヤーアダプターが付いていない事が有るようです。
HCKに連絡を取れば別途送ってくれるとの事でした。
画像


肝心の音質に関してですが値段を考えれば非常にレベルの高いものであると思います。

・解像度
全体の分離感は中々のものです。
Kill SE315を謳っているのでヨドバシ店頭にて聴き比べて来ましたが館内放送のうるさい環境下に置いては特に有意差は感じられませんでした。

・音場感
広さはそれなりです。広すぎず狭すぎず。SE315と対比するならばあちらの方が広めですが非常に平面的な鳴り方をするのに対しこちらは楽器の位置に立体感が有ります。
Daishi Danceのアルバムthe ジブリ setのナウシカ・レクイエムが非常にわかりやすいのですが木琴調の音が音階毎にどの辺りで叩いているのかが分かる様で非常に気持が良いです。

・高域
伸びが良くスッキリとした鳴り方をします。
箱出しでは刺さりを感じましたがエージングで治まりました。
解像度の高さも相まって聴き応えのある音が鳴ります。

・中域
ここも非常に伸び良く鳴っています。特にボーカルは近めでスッキリと言うよりかは艷やかと言ったところでしょうか。
リップ音もハッキリ聴こえ生々しさもありとても良いです。

・低域
箱出し時点ではスカスカですがエージングにより確りと出る様になります。
と言っても多い方ではないですが深いところからちゃんと鳴っておりそれなりに存在感が有ります。
必要十分な量は出ていると思います。

Kill SE315を謳う本機ですが正直「Kill」に関しては条件がハッキリしておらず、ましてや個々人の趣味嗜好が絡む分野に置いてどちらかが優れていると言うのを判定するのは非常に困難を極めます。
僕個人としましては、そもそもSE315の音が平面的で低音も僅かにしか鳴っていない点から好みでは無く、解像度に置いて有意差が無いためQingYin-20に軍配が上がります。
金額を考えれば破格の音だと思いますのでハイブリッド型でそれなりの音質をお求めの方は是非一度ご検討下さい。
ちなみにHCK曰く現在QingYin-30と言う新機種が開発中だそうです。
そちらはK3003と同等だとか。Killする相手がSE315であったりK3003に関してはKillではなく同等と言う辺り中華イヤホンメーカーとしては控え目で面白いですね。
当機の出来栄えを考えれば次も非常に期待が持て楽しみで有ります。

以上、最後までご覧頂きありがとうございました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
中華ハイブリッドイヤホン QingYin-20レビュー レビューはたぶんしない。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる