レビューはたぶんしない。

アクセスカウンタ

zoom RSS The bit opus#3をお借りしました。

<<   作成日時 : 2017/05/28 22:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

The bitの国内代理店よりopus#3を貸し出して頂きました。
画像

公式ページはこちら
opus#3については、この記事を書いている時点でeイヤホンとフジヤエービックにしか
試聴機がなく札幌在住の僕には聴きたくても聴けない状況にありました。
そんなか代理店の方より貸し出しのお話しを頂き、渡りに船とばかりにお借りした次第です。
大変ありがとうございます。

正直なところDAPの音質に関しては使用するイヤホンにより非常に左右される印象が強く
個人的にレビューを書くのは得意では無いので今回は簡単に紹介をさせて頂きます。
また、今回お借りしたのはレザーケースが最初から付属している初回版の物で
通常版はケースが付属しないためパッケージングが異なる形になります。

パッケージに関しては上に載せた画像の物がスリーブ式になっており中から立派な箱が出て来ます。
個人的に紺地に銀の文字は高級感があって好きです。
画像


箱を開けると本体がお目見えします。
特筆するところのない一般的な収め方です。
画像


二重底になっていて下からレザーケースが出て来ます。
opus#1の時もそうでしたが確りした作りで銀の躯体に紺のレザーケースは良い組み合わせだと思います。
画像


opus#1はポリカーボネート樹脂の躯体で残念なんて声がありましたがopus#3は確り金属躯体で非常に良いです。
UIがopus#2と統一されたので1と3は本体に対してUIデザインがちょっと合ってないのではと言う印象はあります。
画像

画像


レザーケースを着けた姿。メカっぽいダイヤルが好きです。
画像

画像


全くメーカーが異なりますがメタル躯体繋がりでEchobox The Nomadと。
こんなところに書くのも何ですが同社のDAP The Explorerのグループバイについて
今月中にはアナウンス出来る予定だったのですが技適関連でまた伸びている模様です。
物は完成して技適申請もしている様なので今しばらくお待ち下さい。、
画像


肝心の音に関してですが、opus#1の記事にも書いたようにこのメーカーは昨今流行りの
スッキリシャッキリフラットな音作りではなく若干アナログさを感じさせる低域と音全体に厚みのある物になっています。
10万円近い高価なDAPとはなっていますがそれに見合うだけの作りと音質を備えている物だと思います。
どこかで聴く機会があれば是非一度お試し頂ければ

思えばこのブログを書き始めたきっかけと言うのがopus#1を個人輸入し折角なので何か書こうと思いたったからでした。
ここのところ更新頻度が非常に落ちているのは申し訳ない限りではありますが今後も中華イヤホンを中心に
記事を書いて行きたいと思いますのでどうぞ宜しくお願い致します。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
The bit opus#3をお借りしました。 レビューはたぶんしない。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる