中華ハイブリッドイヤホンROSE 3D-7レビュー

先日届きましたROSE 3D-7のレビューをさせて頂きます。
販売サイトはこちら
画像

販売店のセールにて110ドルにて購入致しました。数量限定でしたので通常購入の場合は値引き交渉をしてももう少し高くなるかと思います。
1BA+1DDのハイブリッド構成のイヤホンで本体は3Dプリンタにて出力しているそうです。
シェル自体は気泡が沢山あり、あまり綺麗な仕上がりとは言えないレベルです。
青、赤、黒、紫と左右青赤、左右青赤+ラメの6種類から選択可能で僕は紫を注文しました。
本体自体は小さく耳にきっちりと収まるので装着感は良好です。
ダイナミックドライバを搭載しているためMMCXコネクタの横にベントが空いており遮音性はそこそこと言ったところです。
周りの音で音楽が聴こえないと言ったことは無いと思います。
付属のケーブルも柔らかく取り回しが良いです。

他の中華イヤホンと比べて確りとしたパッケージになっています。
画像


小さめのポーチの他にプラスチックのケースが付いて来るのですが箱出しの時点で傷だらけでイヤホンに対してサイズが大きすぎるため正直使い道がありません。
画像


音質についてはopus#1にて確認しています。
エージングは100時間程。
音場広めのドンシャリサウンドです。
画像

・高域ついて
自然な鳴り方でよく伸びます。
特に高域の中でも高めの部分が頭の上に抜けていく様に聴こえるので聴いてて非常に気持が良いです。
硬めの音が鳴るので曲によっては耳につく事が有ります。

・中域について
高域と低域との繋がりもよく綺麗に鳴ります。
高域同様硬めの音が鳴るのでボーカルに関しては艶があるというよりは華々しいと言ったところでしょうか。
前には出てこず引き気味の位置で鳴るためボーカルを重視される方には少々合わないかも知れません。
女性ボーカルより男性ボーカルの方がいい感じです。
曲によっては多少カスレがあり気になります。

・低域について
ダイナミックドライバらしい重みのある低音が鳴ります。
存在感があり膨らみすぎる事も無く良いのですがドラムの音数が多くなると追いつかなくなる事があるのでもう少しキレが欲しいです。
少し中域に被って来ることがあるのも少し残念です。

特に硬めの中高域はピアノ曲に非常に合います。
低域の感想に関しては元々僕が低音の強い機種が好きでは無いというのが影響しています。
解像度も高く全体的に高いレベルにまとまっており価格を考えれば良い選択肢であると思います。

以上、最後までご覧頂きありがとうございました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック